So-net無料ブログ作成

おじいちゃんの脱走


最近,エポはうちで「おじいちゃん」と呼ばれています。

エポはもともと,あまり食に執着がないほうで,
「ごはんよ~」と呼んでも,テーブルの下からなかなか出て来ず,
しばらくしてから,よっこらせと立ち上がって面倒くさそうに食べていました。

080713_1.jpg


最近は,暑さのせいか,ますます食が進みません。
放っておくと手をつけないままになっていたりするので,
トッピングの肉とかごはんとか,エポの好きそうなところを少しずつ手にとり,
テーブルの下でごろごろしているエポの鼻先にもって行って,一口ずつ食べさせてやります。
そうやって少し口に入れると,やっと食欲が出るみたいです。

寝転がったままのエポに一口ずつごはんを食べさせていた娘が,
「これじゃまるで介護だよね。」とこぼしました。「“エポじいちゃん”だよ。」
それからというもの,

 「またおじいちゃんが廊下でうろうろしてる。」

 「おじいちゃん,変なもの口に入れちゃだめだよー。」

 「あー,おじいちゃんがおしっこした!」

会話だけ聞くと,うちに痴呆老人がいるみたいです。

080713_2.jpg


今日は,そんなおじいちゃんが脱走事件を起こしました。

エポパパが一人で留守番していた夕方,突然の夕立があり,
朝から3回も洗濯して庭に干しておいた大量の洗濯物を,エポパパが孤軍奮闘取り込んだそうです。
何往復かしてあと少しで完了,というときにふと振り返ると,
満面の笑みでどしゃ降りの庭先に立つおじいちゃん。
慌ててつかまえようとすると,おじいちゃんは藪の奥に飛び込んで引きこもりの構え。
結局,無理やり鼻面をつかんで藪から引っ張りだし,風呂場に放り込んで丸洗いしたとか。

私が帰ってくると,パパは腕に引っかき傷を作って超不機嫌,
シャンプーのにおいのするおじいちゃんは,怒られ&洗われたせいで妙にハイテンションでした。

080713_3.jpg

nice!(0)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。